脱法ハーブと握手会に救いを求めよ

 復職2ヶ月目。病院では薬を減らされ、傍目には健康そのものに見えるのだろうが、綱渡りの日々である。

 休職前は始業1時間前だった出勤時間は始業20分前を決して早まらなくなったし、ひどいときには5分前になることすらある。というか今日がそれだった。若干の寝坊をしてさすがにヤバいかなあと思いながらも、家でダラダラと推しアイドルの動画を見る充電タイムは省略できなかった。車を飛ばして職場の扉を蹴破って出勤した。これからどんどん職場の外壁を自慢の愛車でブチ壊していこうな。世界を変える方法は破壊しかない。

 

 さて、実を言うと私は大森靖子のファンである。ファンといっても今まではCDを聴いてTwitterとブログを閲覧する程度で、生歌を聴いたことすらなかった。ところが今年に入ってうつ病になり、彼女の歌から受ける功徳が一層高まってきたので、最新アルバムに封入されていた応募券で思い切ってワンマンライブのチケットを取った。ライブ映像はYoutubeやCDについている特典DVDで何度か見ているので、この楽曲はライブアレンジだとこんな感じかな~とか想像してワクワクしていた。

 しかし、このほど職場のシフト希望調査の段階で、ライブ当日に出勤しなくてはならない可能性が浮上した。結果的にライブには行ける(ただし午前中は労働して、ギリギリ会場に着くスケジュール)ことになったのだが、出勤が決まりかけてからの私の落ち込みがすさまじかった。

 私が出勤する理由は別の職員が休みを取るための穴埋めだったのだが、その人に休む理由を尋ねたら「子どもの発表会。最終学年なので、来年がないんです。どうしても外せません」と言われた。「子ども」は独身者のありとあらゆる都合を吹き飛ばす魔法の呪文であるから、言われたそのときは即座に納得した。

 が、その10秒後に強く反駁した。

「は??? 私にとっての大森靖子のライブも『今年中に行くことに意味がある』から『来年はない』んで……っつーか『来年はない』なんて言ったってどうせそのキッズ、余裕で来年も元気に生きてるでしょ???  私の方がたぶん来年死んでる確率、高いよね???」

 幸いにして上記の暴言は私の脳内で留まったが、あとになって「自分には社会通念や道徳が欠如しているのでは」と猛省した。私の本音は常に汚れていて、フィルターを通さなければ社会へ発信できない。後味の悪さが残った。

 

 私はやはり、好きなアイドルやミュージシャンの現場に行くことでしか自分の呼吸を整えられない弱い人間である。本当は恋か仕事で満たされるべきなんだろうよ20代後半の女。とにかく、「脱法ハーブ 握手会」と声を絞り出す大森さんだけを、今は楽しみにしています(この歌がセットリストに入っているかどうかは知らない)。